2016年8月2日

コンテナの経済性

MIURA20160810 (5)

建築コンテナは、通常の建築と違い工場で大方の施工が可能です。

店舗においては、スタートをいかに早くできるか?

が重要なポイントです。

基礎ができあがると9割ほど完成状態にすることが可能です。

現場施工を極力減らし、

内装仕上げまでを工場で済ませる事による効率化。

工期短縮

→営業を早められる(2,3ヶ月)

→空家賃(2,3ヶ月)を抑えられる。

確認済→着工→基礎工事→INSTACUBE設置→現地工事→完工